都構想にもう一度NO!

大阪・市民交流会

2020-08-08

大阪・市民交流会とは、多くの市民グループが独自で「大阪市廃止・分割」に警鐘を鳴らしている現状ではありながら、圧倒的な力を持つ現在の府と市のトップや行政当局の動きに対して、あまりにも弱く、小さな市民運動です。それを何とか一つにまとめられないかと企画し、春ごろから検討していたものの、新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が出され、三密を防ぐというキャンペーンが全国的に展開された中で、動き自体を止めざるを得ませんでした。

大阪では緊急事態宣言解除後も感染者の数に関しては決して、減っているわけではありませんが、一方で11月1日に住民投票を行うという行政、知事・市長・副首都推進局の気持ちは変わっておりません。

もともと、活動主体も様々であり、それぞれの立場で活動していく(しかない)が、バラバラでなく一定の統一感が必要だと考え考え、去る8月2日に南森町交差点付近で、初の街頭活動を行いました。

住民投票に付される予定の「協定書案」は大阪市民にとって、まったくいいことがなく、「損」をするだけという「事実」を多くの人に知ってもらうために、既に様々なグループが活動している内容を網羅し、それぞれのリンクにアクセスできるような「大阪市民」のため、さらには日本の地方自治における市民重視の動きをネットワークしたいと思っています。

Category:私たちの思い

最近の投稿