大阪府市は2013年に土壌汚染対策学習会をしていた!

カジノIR反対運動

大阪府・市は2013年にコンサルタントを招いて土壌汚染対策の学習会をもちました。
工業地・準工業地であれば汚染土壌であっても売買されるケースがあるものの商業地であれば,禁忌されるのが業界の常識で,売買は稀だとされています。
汚染土壌でも活用されているケースはみられますが,夢洲の汚染は規模が違います。

「なんでもありやったんかい」と松井市長は「芝居を打ちました」ね。
知らなかったと言い逃れするつもりなのでしょう。
こういう情報は組織として蓄積されるべきものなので,「知らなかった」では済まされないと思います。

土壌汚染による環境リスク管理と土地活用の実例 2013年3月(PDF)

<文責:桜田照雄>

コメント

タイトルとURLをコピーしました